ノートを始める。

2003年10月30日


今日、リハビリの許可が出た。
と言っても、手足を動かしてもらう程度やけど。
それでも凄い!
強い強いカツの生命力!本当に感動!!

いつかまた、カツと暮らせる日が来るまで
サリーは今日からカツへの手紙を毎日ノートに書く事にします。
だってな、本当に、ひとりは淋しいよ。
カツがおらんと何にもできない。

カツのいないお家で、ごはん作る気になれないよ。
だから、もう、ここは引き払うつもり。
どうせ更新だったからね。

カツもきっと、それで良いって言うと思う。
ふたりでいられるなら、別にどこだって良い。

新しいお家はどこが良いかなぁ。
でも、どうせカツはしばらく入院だからその間は、それこそどこでも良いんだけど。

あんな、今回の事でよーくわかってん。
サリーは本当にカツが好き。
カツがおらんと生きていけないねん。
この10日間ぐらい、パニックやってん。
死んでしまいそうやってん。

サリーのためにがんばってほしい。
サリーはカツを信じてる。
ずっとずっといっしょにおる。

inserted by FC2 system